Pocket

松島

観光やビジネスで知らない土地に出かけた時は、地元の美味しい物を食べるのも楽しみのひとつです。

仙台にも仙台名物の美味しい食べ物がたくさんありますが、その中でも特におすすめの食べ物やお店について紹介していきます。

仙台でしか食べれない”善次郎の牛タン定食”

仙台といえば牛タンが名物であり、牛タン定食や牛タン料理を提供してくれるお店もたくさんあります。その中でも外せないお店のひとつが善次郎です。

善次郎とは

最近は東京など宮城県外でも出店をすすめる牛タン屋さんが増えてきましたが、善次郎は基本的には宮城県内にしか出店していません。

昭和20年代に開業して以来、守り続けている職人の手による製法にこだわっています。また味付けに関しても「塩焼き」にこだわっており、それ以外の味付けの牛タンは提供していません。

善次郎の牛タン定食

善次郎を訪れたらおすすめしたいのが定番の牛タン定食です。職人が手切りした分厚い牛タンに粗塩を振りかけて、強火で一気に焼き上げて作ります。

付け合せには焙煎した麦飯、テールスープ、南蛮味噌やお漬物が付いてきます。

実は仙台発祥!”龍亭の冷やし中華”

夏は暑いラーメンよりも冷たい冷やし中華が好まれます。実は冷やし中華は仙台の龍亭というお店にて誕生したメニューだったのです。仙台を訪れたら元祖冷やし中華を味わってみましょう。

冷やし中華の歴史

龍亭にて冷やし中華が提供されるようになったのは、約70年も昔のことです。当時の中華料理店は冷房設備も整っておらず、調理時に発せられる熱で店内の温度はかなり高くなっていました。

その影響もあり、夏場は中華料理店の売上が落ちてしまっていたのです。そこで暑い夏でも食べられるメニューをということで考案されたのが冷やし中華でした。

元祖冷やし中華

龍亭の冷やし中華は、しょうゆだれ、ゴマダレの2種類から選べるようになっています。

提供されるときは茹でたエビと野菜が少しというシンプルな盛り付けであり、別のお皿できゅうりやハム、きくらげなどの具材が出されます。

ずんだ餅発祥のお店”村上屋餅店のづんだ餅”

仙台名物のずんだ餅を広く知らしめた店として知られているのが、村上屋餅店です。創業は明治10年と歴史のある餅店であり、づんだ餅だけでなくずんだを使ったスイーツも食べられます。

づんだ餅

現在「ずんだ」と表記するのが一般的ですが、村上屋餅店では「づんだ」と表記します。これは昔の表記をそのまま使用しているからです。

店内にはづんだ餅を食べられるスペースも設けられており、お店で食べるときは甘いづんだ餅と相性の良い漬物が添えられています。

口に入れると甘味を感じますが、づんだの甘さを大切にするために砂糖はごく少量しか使われていませんので、とてもヘルシーです。

ずんだ菓子もおすすめ

づんだ餅だけでなく、ずんだを使ったスイーツも食べられます。淡い緑色の餅の中にずんだ餡がたっぷりと入っているずんだ大福や、ずんだ餅入りのくずまんじゅう、夏季限定のずんだかき氷もあります。

日本三景のひとつ、松島も宮城県内の人気観光スポットのひとつになります。松島周辺のおすすめ観光スポットについて紹介していきます。

奥州一之宮 “塩竈神社”

塩竈神社は宮城県塩竈市にある神社であり、古くから奥州一之宮として崇敬を集めていました。

塩竈神社の歴史

その起源は古く奈良時代以前になります。全国にも塩竈神社という名前の神社があるのですが、その総本社になります。

昔から商売繁盛や大魚祈願、航海の安全にご利益があるとして、地元民からも親しまれてきました。

 塩竈神社の特徴

参拝客も多い人気の塩竈神社は、パワースポットとしても知られています。また他の神社には見られない献魚台があります。

大魚祈願や後悔の安全を祈願しにきた漁師たちは、この献魚台に新鮮な魚を奉納して、航海に出て行ったのです。

塩竈港は日本有数の港ですので、タイミングがよければマグロなどの大きな魚が奉納されているのを見られるかもしれません。

塩釜〜松島はぜひ船で! “遊覧船”

松島は日本三景のひとつであり、大小いくつもの島がありますので遊覧船でまわるのがおすすめです。

さまざまなコースが選べる

遊覧船のコースは回りたいスポットによっていくつかのコースが選べるようになっています。

松島の主要な島を巡りたいときは、松島湾周遊コース、塩釜から松島の片道を行く芭蕉コース、塩釜から松島を周遊するコース、奥松島をめぐるコースが選べます。

塩釜から松島をめぐる

塩釜から松島を訪れる片道のコースは、水深2Mの浅瀬を行きますのでより近くで島を見学できるのが魅力です。

松尾芭蕉がその景色を見て感動したと言われているスポットを巡ります。1時間ほどじっくりと時間をかけて松島を周遊するコースも選べます。

松島の代表的な島のひとつである仁王島、塩竈神社やマリンゲート塩釜など塩釜の観光スポットも見学できます。

松尾芭蕉も訪れた”国宝瑞巌寺・円通院”

松島の見どころのひとつに国宝、瑞巌寺があります。瑞巌寺といえばあの松尾芭蕉も訪れた場所として知られています。

円通院とは

臨済宗の寺院であり伊達政宗公の菩提寺としても知られていますが、3世紀半もの間秘蔵とされていた国の重要文化財でもあります。

円通院の見どころ

庭も見どころのひとつです。約350年前に作られたと言われている石庭は、秋の紅葉の時期にライトアップされます。

幻想的なお寺の建物と、紅葉の鮮やかな色のコントラストが美しいです。また6000平方メートルもの広さに植え込まれている色鮮やかなバラが広がるバラの庭があったのですが、現在はコケに変わっています。コケもまた見る人に癒しを与えてくれるでしょう。

縁結びの橋”五大堂”

縁結びのスポットとして有名なのが松島にある五大堂です。松島の観光スポットのひとつである瑞巌寺の中にあります。

国の重要文化財のひとつ

現在の五大堂は伊達政宗によって造営された東北地方最古の建物であり、桃山文化の影響を強く受けています。

手彫りで製作されたと言われている五大明王は、33年に一度開帳されます。

透かし橋

五大堂へ向かう時には朱色の透かし橋を渡っていきます。木で作られている橋げたは間が大きく空いていて、足元から海面が見えるため渡るときに足がすくんでしまうほどです。

カップルで渡るときは思わず手を取り合ってしまうことから、縁結びの橋とも呼ばれています。

また渡るときに足元をしっかりとみて渡ることから、将来を共にする人がこの人で良いのかどうかを見極める「将来を決める橋」としても知られています。

まとめ

宮城県を訪れた時に外せない観光スポットのひとつが松島です。松島の中にも見所がいくつもありますので、効率よく観光するためにも遊覧船などを利用するのがおすすめです。

仙台を代表するカフェ “カフェモーツァルト・アトリエ”

観光で疲れた時にほっと一息つけるオシャレなカフェといえば、「カフェモーツアルト・アトリエ」です。

広がる癒し空間

店内は白をベースにしたシンプルな作り、くつろげる椅子やテーブル、BGMのクラシック音楽など、癒される環境が整ったカフェです。

椅子やテーブルもオーナーが独自で見つけてきたものであり、いろいろなタイプが揃っていますのでお気に入りを見つけるのもまた楽しいでしょう。

こだわりのドリンクや食事

カフェだけにドリンクメニューも充実しています。丁寧に淹れられるコーヒーは、お店で豆も販売しています。

紅茶の種類も豊富ですので、好みやスイーツ、料理に合わせて適した種類が選べるのも嬉しいです。美味しいスイーツや野菜をたっぷり使ったメニューなど、フードメニューも充実しています。

大事な方との会食に。日本料理店”おか星”

地元仙台の素材をふんだんに使い、手間暇かけて作られる日本料理が味わえるお店です。

日本料理をアレンジ

和食の基本をしっかりと押さえて、自由な発想を取り入れたメニューが揃っていますので、カジュアルに日本料理を楽しめます。

またキッチンは吹き抜けになっていますので、調理人のライブパフォーマンスも楽しめます。

おすすめメニュー

いろいろなメニューがあるのですが、おか星のおすすめメニューのひとつが「牛肉のフォアグラ包み」です。

盛り付けも美しく食べるのがもったいないくらいです。また女性に嬉しいコラーゲンたっぷりの「すっぽん小鍋」もおすすめです。

まとめ

仙台市内には美味しい料理を提供するお店がいくつもありますので、事前リサーチして行きたいお店をピックアップしておきましょう。