煮ても焼いても良しな牛たん

gyu_004牛たんは煮ても焼いても美味しい食材として、東北地方を中心に多くの年代層に人気を得ています。特に発祥の地とされる仙台では、この街全域に非常に多くの専門店が軒を連ね、それぞれの店の特徴を出しながら、今日も牛たん料理を訪れた人々に提供しています。
さて、ではこのようにたいへん多くのお店が集まる「仙台の牛たんメニューにおいて」、「焼き」と「煮込み」それぞれの料理の代表的な存在は何でしょうか?ここで確認してみましょう。
まず、「焼く」牛たんの代表格としては、やはり「牛たん焼き」は外すことは出来ません。このお料理を初めて世に送り出したとされるお店、「元祖味太助」でも不動の地位位を誇り、その後の人気メニュー「スモークタン」や「牛たんメンチカツ」へと繋がる人気と地位を築いた功績は非常に大きなものがあります。実際、料理としたは非常にシンプルとも言える牛たん焼きは、どの専門店でもメニューのトップを飾っており、最も多く仙台市民に食べられている料理の一つとなっています。

詳しくはこちらの記事へ
→ 無性に牛たんが食べたくなる時期

次に、「煮込む」方のこの食材については、和風と洋風の二つにそれぞれの代表格を見つけることが出来ます。
和風においては、味噌仕立てのスープでじっくりと煮込んだ「牛たん煮込み」が、40台以上の比較的高い年齢層に大きな支持を得ています。また、洋風では「牛たんの煮込みシチュー」が世代を問わず幅広い人気を持っており、冬の寒い時期を中心に、それぞれの専門店のメニューを賑わせています。
このように、煮ても焼いても良しな牛たんは、どちらの調理方法でも万人に受け入れられる美味しいメニューの元となります。これからもこの食材は、多くの人々に愛されていくことでしょう。